back
”Bouldering × ?” プレイベント開催しました!

こんにちは!前回に引き続き、Babbyです!

前回の記事を見て、
これはなんだろうと思った皆様、お待たせいたしました。

アクアリング鶴舞ラボは、PLAY MOUNTAIN! 今池店さんと共同で、
ボルダリングとVJを融合したイベントを4月末に開催いたします。
スポーツとITの掛け合わせによる新たなスポーツの創造とチャレンジをテーマにしています!

3/20、プレイベントを開催し、参加したお客さんに大好評でした。

【Bouldering × VJ】
VJ Issy、DJ FUMIHIKO にご協力いただきコラボ!
ボルダラーの動きをセンシングしています〜
0320_1

【Bouldering × Battle】
陣取り対決!!
一番盛り上がったかな?
0320_2

【Bouldering × Speed】
数字を覚えて、タッチし、より早くクリアをめざします!
0320_3

PLAY MOUNTAIN!今池店の皆様、VJ Issy、DJ FUMIHIKO、参加してくださった方々、ありがとうございました!
0320_4

イベントの詳細については、また後日になりますが、
お客さんの意見を取り入れて、素晴らしいイベントにすべく、今からいろいろ準備していきます。
次回は4月末に開催予定ですので、みなさんぜひご参加ください!

プレで使用したアプリもパワーアップさせますので、お楽しみに!



今回、技術的には、KinectV2を使用して取得した動きの情報を元に、
Electronを使い、WebGLでリアルタイムに映像を生成し、プロジェクターで投影しています。

Electronなので、Webviewが使用できる!
ということで、Webviewから取得した画像をWebGL上のオブジェクトにテクスチャとして貼り付けたり、
背景のWebviewを動きに合わせてスクロールさせたり、新しいことにも挑戦しました。


詳しい技術的な記事は、以下よりご覧ください。

Electronで、VJをしよう!①音とDOMの連動
http://qiita.com/tai_fukaya/items/d7628d653b986a5611c6

Electronで、VJをしよう!②OSCの受信
http://qiita.com/tai_fukaya/items/3481110323d9fc687596

Electronで、VJをしよう!③Cross Originの制限のある画像をテクスチャにする
http://qiita.com/tai_fukaya/items/2bb2fa43a895458b64a2

Please share it!

FacebookTwitterGoogle+Pinteresttumblr